encycloの由来

share

こんにちは。

今回はencyclo(エンサイクロ)の名前の由来についてのお話です。

これは会社の名前であると同時に、私たちの取組みを表すものになってほしいとイメージして名前を考えました。

名前に込めた想い

そのときに、込めたのはこんな想いです。

・どんなときも「美しくありたい」気持ちを尊重すること

・UNMET BEAUTY NEEDS(アンメットビューティーニーズ=まだ叶えられていない想い)を見つけていくこと

・立場を超えて色々な人と関わって、経験や知恵を集めて前進していくこと

どれも譲れないし、インパクトがあって、口にするたびにワクワクすることも大事…。そんなすべてを満たす名前をつけるために、たくさん候補を出して、話し合いを重ねました。

口にしやすさを確認するために、社名を名乗りながら電話を取るロールプレイをしてみたり、文字にしたときの見映えも大事と、小文字や大文字、カナやアルファベットを組み合わせてみたり。

改めて、名前を付けるって大変!と実感し、私たちひとりひとりが持っている名前もきっとそんな風に大切に考えて付けられたのだなぁと感慨深い想いが湧いてきました。

最終的に決めた名前は…

たくさんの候補の中から、最終的に決めた名前が「encyclo(エンサイクロ)」。

由来は百科事典=encyclopedia(エンサイクロペディア)から取っています。

百科事典は、人類がもつあらゆる情報を結集した集合体ですが、現代ではオンライン上の無料百科事典wikipediaのように、様々な人が知恵を持ち寄り、フラットな立場で日々アップデートしていくものになっています。

encyclopediaという単語の語源は、「in circle=輪になって」だそうです。

輪とは、「車座」などと言うように大勢の人がフラットに集っている状態でもあり、縦にして見ると、車輪や歯車のように転がって前に進むものでもあります。

私たちの大切にしたいことのこもった、いい名前になったと思っています。

encycloの取組みで、この輪を大きく広げ、多くの人と前進する存在になっていければと願っています。

応援よろしくお願いします!

facebook